ニキビ

ニキビができやすい状態を改善するためには・・・

ニキビができやすい状態を改善するためには・・・

(公開: 2016年3月23日 (水)

10歳代にできる思春期ニキビは「青春のシンボル」と呼ばれるほど多くの若者が経験し、成人するにつれ自然と治りますが、最近は、成人してからできる大人ニキビで悩む人が急増しているそうです。

若い頃は、全くニキビとは無関係でも20歳を過ぎてからニキビができ始めるというケースもあり、しかも、治りにくくて痕が残りやすいという厄介な特徴があります。

思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンの過剰な分泌が大きな原因になりますが、大人ニキビは、乱れた食生活や睡眠不足、ストレスなど、さまざまなことが絡み合ってホルモンバランスが乱れることが大きな原因とされています。

しかし、まだまだ解明されていない部分も多いようです。

そして、ニキビができるメカニズムは、毛穴まわりの角質が厚くなって出口を塞いでしまうことで、そこの毛穴の中に皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖することでニキビが発生します。

このような大人ニキビができる状態を改善するには、洗顔や保湿するなどのスキンケアも大切ですが、まずは、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、ストレスも溜めないということが必要です。

ニキビ改善に有効な食事というと、野菜を思い浮かべる人が多いようですが、その前に、いろいろな食材を満遍なく食べて栄養バランスを整えなければなりません。

確かに、ニキビに効果的と言われている栄養素もあります。

皮脂を分解する働きのあるビタミンB2や肌を正常化させる成分と言われているビタミンC、それに、食物繊維も有効な栄養素の一つです。

また、サンマやサバなどの青魚に含まれているDHAやEPAという不飽和脂肪酸も、血液をサラサラにする効果があり、老廃物をより排出しやすくするなどして、結果的に、ニキビ改善につながります。

こうした栄養素の効果は、本当に確実なものかは分かりませんが、試してみる価値はあると思います。

ダイエット・美容インフォ

そして、食事以上に重要と言われているのが睡眠時間です。

睡眠不足が続くとホルモンバランスが崩れがちになり、免疫力も低下してニキビができやすくなり、また、できたニキビが化膿したりして治りにくくもなります。

毎日、最低でも6時間の睡眠は確保するようにしましょう。

できれば、肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から深夜2時の時間帯に熟睡できれば理想的です。

そして、休日にスポーツに励んだり、好きな香りのアロマオイルを使ったりしてストレスを解消することを考えましょう。